ORIGAMI ZERO PROJECT

清楚派

「スポットライトの下なら」

 

目を合わせることもできないんだ
あなたはわたしには眩し過ぎて
スポットライトの下なら言えるよ
愛してるなんて言葉じゃ足りないくらい
「愛してる」

 

あの花の名前を教えて
君に似合う
白い花が季節に揺れていた
靴紐を結び直して
向かい風に
揺れた前髪と
おろしたてのスカート

 

君に会いにいく時だけ
弱気になるな
ここはステージの上だ
一番大きな声で叫ぶんだ
君の名前を!

 

Don’t leave me!
目を合わせることもできないんだ
あなたはわたしには眩し過ぎて
スポットライトの下なら言えるよ
愛してるなんて言葉じゃ足りないくらい
「愛してる」

 

あの花の名前覚えてる?
君がくれた
純粋な気持ち
変わらずにあるもの

 

三つ数えて
ワンツースリー
ほら世界は変わる
今はまだ夢の途中
どんな花咲かせよう
蕾は今その日を待ち侘びて

 

Don’t leave me!
目を合わせることもできないんだ
あなたはわたしには眩し過ぎて
スポットライトの下なら言えるよ
愛してるなんて言葉じゃ足りないくらい
「愛してる」

 

この先、何度季節を巡っても
真っ白なままの私を見ていて欲しいよ

 

Don’t leave me!
stay with me!
目を合わせることもできないんだ
あなたはわたしには眩し過ぎて
スポットライトの下なら言えるよ
愛してるなんて言葉じゃ足りないくらい
「愛してる」